小学生の個別指導


中学生になってから保護者の方々からの相談で

①テストの点数が悪すぎる

②勉強するように注意しても勉強しない

③勉強のやり方がわからないようだ

この3つが多いです。

こういった生徒の多くに共通するのは、小学校で学ぶ基礎学力がしっかりと身についていないことです。

①基礎学力がない→中学校の勉強がわからない→点数がとれない。

②勉強しなければいけないと頭では理解しているのですが、勉強がわからないため、やる気がおきないのです。

③基礎学力がついていないということは、小学生の時に勉強する習慣がなかったはずですので、どうやって勉強すればよいのかわからないのです。

中学校の勉強の大部分が小学校の勉強の延長です。

土台となる小学校の勉強がしっかりしていないと、いきなり中学校から変わろうとしても困難になります。

そ ういった意味では、小学校で習うことをしっかり理解することや、小学生の頃から勉強する習慣をつけることは、非常に重要なのです。

私は、小学生の間は、勉強だけでなく、遊びやスポーツなど、いろんな経験をした方がよいと考えています。勉強を一生懸命頑張っている子どもを否定している わけではなく、ある程度好きなことや、したいことをさせてあげればいいといいうことです。それが勉強であっても遊びであっても、習い事であってもです。た だ、中学生になってから本人が苦しむことになってしまいますので、基礎学力だけは身につけておかなければなりません。

ONE-Sでは、それぞれの学力に合わせて小学校の勉強を学び、そして勉強する習慣をつけ、中学生になっても十分対応できるようしっかりと準備していきます。