中学生の個別指導


中学生になると、定期テストが行われるようになり、小学生のときと比べて勉強を重視した授業に大きく変わります。

さらに、高校受験という大きな関門がより身近なものとして意識せざるを得ない環境となります。

もちろん定期テストでいい点数をとったり、高校受験に合格することが勉強する最大の目標であるのですが、そこにこだわりすぎて、子どもが本来抱えている問題を解決できていないことが多くあります。

「勉強はしているが、なぜか効果がでない」のは、能力の問題ではなく、勉強のやり方が間違っているのが原因なのです。適切な方法でなければ、勉強してもその効果があらわれにくいため、「自分には能力がないのではないか」と自信をなくし、勉強することが大きなストレスになってしまいます。

ONE-Sでは、現在習っている勉強と同時に、勉強の効果が最も出やすいカリキュラムを個別に作成し、学ぶことが楽しく、自信が成長していく喜びを感じてもらえるよう指導していきます。

勉強に対する苦手意識がなくなると、きっと目標が見つかります。

高校を受験するときには、「どこでもいいから、自分の学力でいける学校」という消極的な志望ではなく、「この学校に行きたいから、合格するために勉強する」といった考え方に変わります。

高校は義務教育をはなれ、初めて自分で選択できる道なのです。

その選択を「どこでもいい」といった決め方をしてしまうのは、あまりにも残念で、もったいないです。

努力をすることもなく、行きたくもない学校に合格することに何の意味があるでしょうか?

偏差値の高い学校に合格すればいいというものでもありません。

本人が「行きたい学校」を見つけることができ、それに向けて努力をすることが大切なのです。

合格までの過程も、同じくらい大事なことなんです。

「勉強することが苦痛ではなくなり、目標を見つけることができ、目標達成のために努力する。」このために私たちは最大限のサポートをしていきます。